赤ら顔を治す方法6選|赤ら顔コンプレックス改善する効果的な方法

赤ら顔

「ほっぺたが赤くて恥ずかしい!」

「赤ら顔で自分に自信が持てない」

「冬は暖房で顔が火照って赤みが目立つのがイヤ!」


赤ら顔は悩みの種が顔にありますから、当人にとっては非常に深刻な悩みです。
赤ら顔で辛い思いをしている人もたくさんいます。

赤ら顔は主に次のことが原因です。
【赤ら顔の主な原因】
1、皮膚が薄く敏感肌。
2、肌の色が白い。
3、乾燥肌。
肌が敏感なので、とくに冬はその症状が出やすくなります。

気温が低い屋外で毛細血管が収縮し、そのあと暖房の部屋で温まることで一気に血管が拡張され頬の皮膚が赤く見えるのです。

赤ら顔は体質だから仕方ないと諦めてしまっている人もいるようです。

しかし、諦める必要はありません。

赤ら顔は原因がわかっている症状ですので、しっかりと対処してあげることで改善ができます。赤ら顔を治したい人は諦めずにこれから紹介する方法を実践してみてください。
赤ら顔
赤ら顔用化粧水と赤みを隠すコンシーラーのセットを見る

このページでは効果的な赤ら顔の改善策をご紹介します。

赤ら顔の改善方法6選

赤ら顔を治す方法としては、次の6つがあります。

1.レーザー治療で浮いた毛細血管の破壊する

病院
レーザー治療はレーザーを赤みの元である毛細血管へ照射することで赤ら顔を改善します。

だいたい1回1〜2万円という皮膚科・クリニックが多いようです。
レーザー治療と言っても1回やったらすぐに改善するというわけではありませんので、これを5回〜10回ほどで1セットにしています。

ですので、治療の総額は最低でも10万円以上になります。
赤ら顔のレーザー治療は保険が効きませんので金額は自己負担です。

また、1回行うと、1ヶ月ほど間隔をあける必要がありますので、期間は最低でも半年以上になります。

治療後のリスクとしては、レーザー治療をした後は内出血をしてカサブタができたり、腫れ、むくみが生じます。これは2週間程度で徐々に治っていきます。
※専用のレーザー機器があるところでしかレーザー治療をすることはできません。

また、置いてあるレーザー機器の種類もクリニックによってその性能や特徴が異なりますので、事前のクリニックのホームページなどで確認しましょう。

赤ら顔のレーザー治療ができる病院やクリニックを調べるにはこちら

2.敏感肌や血行不良の体質改善をする

多少の時間はかかりますが、顔の皮膚と血管自体を強くし肌を強くしていくことは効果的です。

赤ら顔の人は皮膚が薄かったり敏感肌の人が多いので、外部からの刺激に強い肌にすることで改善できます。

【赤ら顔・敏感肌の改善方法】
まず顔が浸かるくらいの洗面器を2つ用意します。
洗面器
1つは冷水、1つは少し熱めのお湯を入れて10秒ずつ交互に5回ずつ顔をつけます。


具体的にどういう効果があるのかというと、血管の収縮運動です。

お湯の熱でほほの血管が広がったところに、冷水で血管をギュッと引き締める、これを繰り返すことで毛細血管と皮膚自体も鍛えられます。

毎日朝晩行うことで、日頃から血行がよく健全な肌になります。

そして、外気の寒暖差などによる刺激にも強い皮膚を作ることができます。(最低3ヶ月以上は続けましょう)

敏感肌の人は乾燥肌の人が多いです。終わった後は必ず化粧水などで保湿を意識して肌のケア行うようにしましょう。

その際、赤ら顔専用の化粧水を使用するとなお良いでしょう。

赤ら顔と自然免疫について

3.赤ら顔専用の化粧水をつける

手軽に赤ら顔を治したい人は、赤ら顔用の化粧水でのケアがいいでしょう。

赤ら顔用の化粧水は赤みを抑える成分が配合されているので即効性もあり、早い人では数回塗るだけでも効果が実感できます。

毎日、朝と晩に継続的に使用することによって、徐々に赤ら顔が改善されていきます。

ULU 白漢しろ彩 piorina
ウルウ しろ彩 ピオリナ
特徴 赤ら顔のためのオールインワン化粧水 赤ら顔用和漢化粧水が赤みにアプローチ 赤ら顔の根本的な原因に効く成分が配合
成分 スクワラン
トレハロース
セラミド
ショウガ根茎
甘草
ブクリョウ
オタネニンジン
ブクリョウ
マグワ根皮
内容量 110ml 100ml 120ml
価格 3,600円 4,480円 1,980円
返金 なし
30日間 30日間
評価 ★★★★★
★★★★ ★★★
公式HP 公式サイト 公式サイト 公式サイト

赤ら顔化粧水ULU(ウルウ)は効果なし?口コミはこちら

4.ファンデーションやコンシーラーで隠す

コンシーラー
その場しのぎではありますが、ファンデーションやコンシーラーで赤ら顔の赤みをうまく隠すという方法もあります。

赤ら顔の根本の原因を治すという方法ではありませんが、即効性はありますので今すぐどうにかしたい方にはおすすめです。

日頃は赤ら顔の化粧水の使用や敏感肌の体質改善を行いつつ、良くなるまではファンデーションやコンシーラーでカバーするというやり方が賢明かもしれません。

赤みを隠すコンシーラーと化粧水のセットはこちら

顔にあるコンプレックスが気にならなくなるメンタルテクニック

5.赤ら顔に効く漢方を服用する

かn
桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)は赤ら顔、のぼせやすいのに足が冷えるタイプの人に向いている漢方薬です。

漢方というのは数回で飲むのをやめてしまってはあまり意味がありません。

基本的に長期間服用することで徐々に体質が改善されていくという感覚で使用しましょう。

プロトピック軟膏の利点と使い方

6.赤ら顔改善に効くツボを押す

ツボ
赤ら顔の改善に効果的なツボは「通里(つうり)」というツボです。

小指側の手首の一番太いシワから肘に向かって親指1本分のところにあります。

熱を放散する作用があり、精神安定にも効果的です。

親指で10秒くらいじわーっと圧をかけます。左右を5セット行いましょう。

赤ら顔は毛細血管の拡張が原因

赤ら顔の症状
赤ら顔の原因は、皮膚の下にある毛細血管が拡張され血液の流れが滞り、うっ血することで赤みが帯びて見えてしまっている状態です。
赤ら顔は、特に顔の皮膚が薄くて敏感肌の人や肌の色が白い人が症状が出やすくなります。

特に冬は、外と室内の急激な温度差のせいで、毛細血管が膨張して赤みが増してしまします。

冬の室内で一度でも顔が火照ると冷めるまでに時間もかかります。

顔の赤みを消す方法

赤ら顔の改善を諦めないで

赤ら顔は、きちんと対策をすれば改善ができる症状です。

ネガティブになって諦めたり、面倒くさくなって途中で対策をやめてしまったりするのはもったいのないことです。

これまであなたの人生を散々悩まされた赤ら顔を治すことができるせっかくのチャンスを捨てないでください。

行動することに躊躇している人は、赤ら顔が治った時の喜びやその後の生活を想像してみてください。
自分の赤ら顔に対するコンプレックスがなくなることで、自信がつき、晴れやかに堂々と日々の生活を送っている姿が見えてくれば、きっと治さずにはいられなくなるのではないでしょうか。

赤ら顔を治して、何にもることがない、爽やかに堂々と生活ができる新しい人生を手に入れましょう。

医学誌にも掲載の赤ら顔用化粧水はこちら

顔にあるコンプレックスが気にならなくなる方法

赤ら顔のコンプレックスを治した体験談

赤ら顔を治す方法

【28歳女性】化粧水で赤ら顔が少し改善

ずっと赤ら顔であることに悩まされていました。

冬場はとくに外との気温差が激しいため出勤すると必ず顔全体が赤くなってしまいます。

私の顔を見た同僚に心配されることもあるため、必要のない場面でもマスクを外すことができません。

特にツラいのは、週末の会議に出席した際に多人数を前に発表する時間があることです。

人前で話すこと自体は苦手ではないのですが、赤ら顔であるがゆえに多くの視線が集まるのが恥ずかしくてしょうがありません。

しかも、会議であるのでマスクをするわけにもいかないので対処が難しいです。

どうにか赤ら顔を改善したいと思っていた時に、赤ら顔用の化粧水ULUを見つけました。

すぐに購入し毎日朝と晩に使用するようにしたところ、2ヶ月過ぎた頃から徐々に赤みが薄くなっていくことを実感しました。

まだ、完全に治ってはいませんが使用前と比べたらだいぶよくなりました。正直もう手放せません。

【24歳女性】化粧水と肌の強化で抑えられた

私の肌は乾燥肌&敏感肌です。そして肌の色も白く昔から頬に赤い毛細血管が浮きやすいタイプです。

幼少期は特に赤みがすごくて、特に冬場になると乾燥と共に赤みが増してきてヒリヒリするほでした。

特に不便を感じる点は、一瞬で頬がカーッと赤くなってしまう事です。

大人になってからは昔ほどではなくなりましたが、それでも寒暖の差などですぐ赤ら顔になっていました。

ある時、お化粧でなくどうにか根本的に赤ら顔を治そうと思い立ちました。

具体的にしたことは、毎日朝と晩に氷水とお湯に交互に顔を浸すことで敏感肌の強化を始めました。

とくに冬場の氷水は辛かったですが、毎日の日課にしていると肌が強くなり冬場の室内と外の温度差にも肌があまり敏感に反応しなくなりました。

同時に赤ら顔用の化粧水も朝晩使用しました。私はこの2つの方法で約半年で赤ら顔を改善できました。

【33歳女性】毎朝の瞑想と深呼吸を5分おこなう

私の赤ら顔は敏感肌によるものです。お風呂上がりなどにしっかりとケアしても朝には頬のあたりが赤っぽくなり、仕事中は真っ赤な顔のまま働いています。

この症状は子供の頃からあったので、慣れてしまった部分もありますが社会人になってからは、周囲の人になぜ顔が赤いのか聞かれることもあります。

常に治したいと思っていました。

いつもいつも顔の赤さを指摘されるのは苦痛以外の何物でもありません。

私がおこなった赤ら顔対策は、毎朝の瞑想と深呼吸を5分おこなうこと、そして赤ら顔用の化粧水の使用です。

毎朝呼吸を整えることで、自律神経が安定しストレスを感じにくくなり精神が安定します。

そして、赤ら顔用の化粧水を毎日塗ることで赤みを抑えます。

この2つでだいぶ改善することができています。また、瞑想は気持ちが安定するので万人におすすめです。

【28歳男性】室内と外との温度差をなくす

冬の乾燥した季節になると、顔が若干熱をもって赤くなってしまいます。

格好悪くて毎年の悩みです。

寒い屋外で数時間過ごしたのちに、暖房の効いた屋内に入った瞬間がピークに真っ赤状態です。

ある日会社の同僚に、「お前いつも顔赤いよ、酔っぱらってるの?」と言われたことがありました。

その場では適当に愛想笑いして切り抜けましたが、冗談とは言えそう思われていることは事実なので、あの言葉が胸に刺さって消えません。

きっと異性にも同じように思われているのかな?っと自意識過剰になってしまうと余計に自分の顔が嫌になって、マスクをして過ごす時期もありました。

しかしそのマスクが逆効果で、さらに顔に充満した熱を高めてしまい、さらに赤くなってしまいます。

始めは保湿クリーム(ヒルドイドローション)を塗っていましたが、効果はいまひとつでした。

さらに、冷間パッドで冷やすのは逆効果でした。

今行っている対策は、朝と夜の1日2回、赤ら顔専用の化粧水ULUで軽く肌に潤いを与えています。

あとは外ではできるだけ防寒をし、室内と外との温度差を顔に感じさせないようにしています。

この2点でだいぶましになりました。
※今すぐできる!顔にあるコンプレックスが気にならなくなるメンタルテクニック

赤ら顔を治す方法6選|赤ら顔のコンプレックス治す効果的な方法

育毛サプリランキングはこちら